火山スクールありがとうございました!

8月18日(土)は関之尾緑の村で霧島ジオパーク夏休み子ども火山スクールを行いました。

程よく薄曇りでスタート!!

 

心なしか子どもより大人が多かったような・・・

都城は火山が噴火すると丸見えです。桜島も霧島も両方見えていますし、噴火することが日常の場所です。

「今のは桜島だね。」「この灰は新燃だよね。」などなど。

他県から遊びに来る方はきっとビックリしますよね。天気予報に山の風向きが流れるところはそんなにないのかもしれませんね。

この火山スクールはそんな生活の一部になっている山についてどんな風に噴火して、どんな現象が起こり、風向きやメディアの情報などをどのように読むといいのかをあらためて知ることが出来るものです。

大人が日陰に避難せずに実験に食い入るのもわかります。

あんまり考えたこともない視界にいつもいる山のことがサクサクわかるのですから。

メディアの皆さんもたくさん来てくださいました。

宮崎県側でこのような講座のことが広く流れるのはもしかするとめずらしいかもしれません。

今さらですが鹿児島側で行われていたのでしょうから仕方なかったのかもしれませんが。桜島だけでなく霧島も両方とも受け止めていたのですがなぜ今までチャンスが少なかったのか・・・

大人しかみえませんが、子どももいるにはいるのです。

楽しかったのは皆同じですけど。

裏方で暑い中一生懸命準備をしてくださっていた推進課の石川さん。

またこの方も実はすごいのですがそれは次回に・・・

蝉も鳴けない暑さだったそうですがそんななかでも熱心にメモを取る関之尾ガイドの方。

ガイドさんたちもこんなチャンスは逃せません!!

「天気予報の山の風向きは洗濯物のためにあるのではないですよ。」

そう話す鹿児島大学の井村先生。

どこへ避難すればいいのか、逃げ方の話しなどしてくださっています。

防災はそのスキルや仕組みがしっかりすればするほど観光の価値をあげるのです。

観光地としての価値をもっともっと上げる為には、人間社会のシステムのレベルを上げることなのです。

そんな知識を食べ物と手作りの道具を使って説明されています。

自宅では怒られる実験ですが心置きなくやれます。

噴火するメカニズムをコーラとメントスが教えてくれます(^_^)

テレビでもしっかり流れましたよ^^

最近のことですが「宮崎はなんというかのんびりしているんですよね。よく言えば引いてものをみられるということなんでしょうけど。火山の土地に住んでる人なので火の国の人らしい物の見方があるんですよね」という話しをしたのです。

火の国の人は火を操るんではなくて、火の怖さを知っていることです。だからどうするのかと知っていることです。

 

火山スクールでは火の国の子どもたちにふさわしいお勉強が目白押しでした。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

お子様向け理科の勉強&工作宿題にも!!!

目の前にある霧島や桜島は全国的にも珍しいくらいの噴火が日常であるという毎日をつくっています。

そんな霧島たちがどんな風に噴火して、どんな風に溶岩は流れ、どんな風に噴石はつくられるのかを美味しいものを使って安全にわかりやすくお話しします。

お家では出来ない実験ばかりですが心置きなく楽しんでいただこうと計画しております。

自然が好きなお友達。石が好きなお友達。新しいことを聞いてみたいお友達大歓迎です。

そしてみなさんにたくさんのことを伝えた美味しいものは、最後に皆さんのおやつにもなるという嬉しいおまけがついているこの講座は鹿児島大学井村先生プレゼンツのスペシャルです♪

 

 

そしてもう一つ!!

工作をつくらなきゃ・・・でも道具・・・・材料・・・・などなどいろんな準備は一切おまかせ講座の木工教室のご案内。

小学4年生以上は推奨ですが低学年のお友達でも大丈夫。

高専学生のお兄さんお姉さん達がいっしょについて補助もしてくれます。

こちらの講座は都城高専杉本先生のプレゼンツです^^

自分でつくった工作はただの工作ではありません。学校に提出して帰って来たら自分のお部屋で使える想い出なのです。

こちらは2回の講座に分かれておりどちらかを選んでいただくタイプです。場所は屋内です。

当日、滝の駅側ではよろず市の皆さんが美味しいものや地元の食材など販売もしてくださいますのでお父さんお母さんにも楽しんでいただけます。

 

そして最後にでっかいでっかいおまけがあります・・・・(*^_^*)

 

100インチ大型スクリーンで体験できるドローンシミュレーションです!!!(^_^)v

こちらは専用コントローラーで実際ドローン飛行のトレーニングにも使われるシュミレーションソフトを使えるというコーナーです。

 

この日、関之尾は進化バージョンでお子様達をお待ちしております。

〆切は近いですがまだ余裕がありますので遠慮なくご連絡ください。

 

お申込は・・・↓↓↓↓↓

霧島ジオパーク推進連絡協議会 事務局(霧島市役所霧島ジオパーク推進課)
     電話: 0995-64-0936,FAX: 0995-64-0958
     メール: kiri-geopark@po.mct.ne.jp

 

 

関之尾は水辺で比較的涼しいところです。夏の関之尾の水の冷たさと森がつくった空間を夏休みの思いでにどうぞ!!

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る