火山スクールありがとうございました!

8月18日(土)は関之尾緑の村で霧島ジオパーク夏休み子ども火山スクールを行いました。

程よく薄曇りでスタート!!

 

心なしか子どもより大人が多かったような・・・

都城は火山が噴火すると丸見えです。桜島も霧島も両方見えていますし、噴火することが日常の場所です。

「今のは桜島だね。」「この灰は新燃だよね。」などなど。

他県から遊びに来る方はきっとビックリしますよね。天気予報に山の風向きが流れるところはそんなにないのかもしれませんね。

この火山スクールはそんな生活の一部になっている山についてどんな風に噴火して、どんな現象が起こり、風向きやメディアの情報などをどのように読むといいのかをあらためて知ることが出来るものです。

大人が日陰に避難せずに実験に食い入るのもわかります。

あんまり考えたこともない視界にいつもいる山のことがサクサクわかるのですから。

メディアの皆さんもたくさん来てくださいました。

宮崎県側でこのような講座のことが広く流れるのはもしかするとめずらしいかもしれません。

今さらですが鹿児島側で行われていたのでしょうから仕方なかったのかもしれませんが。桜島だけでなく霧島も両方とも受け止めていたのですがなぜ今までチャンスが少なかったのか・・・

大人しかみえませんが、子どももいるにはいるのです。

楽しかったのは皆同じですけど。

裏方で暑い中一生懸命準備をしてくださっていた推進課の石川さん。

またこの方も実はすごいのですがそれは次回に・・・

蝉も鳴けない暑さだったそうですがそんななかでも熱心にメモを取る関之尾ガイドの方。

ガイドさんたちもこんなチャンスは逃せません!!

「天気予報の山の風向きは洗濯物のためにあるのではないですよ。」

そう話す鹿児島大学の井村先生。

どこへ避難すればいいのか、逃げ方の話しなどしてくださっています。

防災はそのスキルや仕組みがしっかりすればするほど観光の価値をあげるのです。

観光地としての価値をもっともっと上げる為には、人間社会のシステムのレベルを上げることなのです。

そんな知識を食べ物と手作りの道具を使って説明されています。

自宅では怒られる実験ですが心置きなくやれます。

噴火するメカニズムをコーラとメントスが教えてくれます(^_^)

テレビでもしっかり流れましたよ^^

最近のことですが「宮崎はなんというかのんびりしているんですよね。よく言えば引いてものをみられるということなんでしょうけど。火山の土地に住んでる人なので火の国の人らしい物の見方があるんですよね」という話しをしたのです。

火の国の人は火を操るんではなくて、火の怖さを知っていることです。だからどうするのかと知っていることです。

 

火山スクールでは火の国の子どもたちにふさわしいお勉強が目白押しでした。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

予行練習がもう楽しい

関之尾緑の村で霧島ジオパーク子ども火山スクールの予行練習をしました。

鹿児島大学の井村先生に来ていただいて、霧島市役所様、都城市役所様、都城観光協会様、関之尾緑の村様、GIS南九州様、バッチ工房T様、そして都城印刷のメンバーで参加♪

大人になってからこんな実験に参加することはほとんどありませんからね。

霧島市役所様以外は初心者です。

「おおおおお~!!!」

全てに反応します。
溶岩が出来るところを目の前でみるなんてしたことない。

1000度ですよ!!!

 

家ではやれないことですよ!!!

仕事柄この実験に耐えられる素焼きの焼き物はどういうところにあるだろうかとかずっとそういった目で見ていました。

三股町の紫麓窯の山下さんが軽石に色がつく温度の話しをしてくれたことを思いだしていました。この実験を通して、陶芸家の話も照らし合わせると火山がつくった地層に何が起こったからそうなったのか?という疑問が渦巻いて楽しかったです。

 

逃げる先生。


この実験こそ一番家でやられそうで怖い。

 

生ぬるい炭酸をみんなで飲みました。

なぜそうなるのかは当日ここへ来れば謎が解けます。

 

 

 

 

 

これは何をしているのでしょう。そしてこのあとこの実験の一番のお楽しみがあったのに逃してしまったのです。

この実験は見事に子供さん向け。ですが大人も例外なく楽しいのです。
見せてあげたいくらいです。このオタマを持っていた人の顔!!!

このとき参加した大人達がもしも親ならばきっと思ったはずです。

「子どもがみたら喜んだだろうなあ」

 

私はずっとそんなことを考えていました。こういうことを体験させてあげられるのはその時の瞬間だけなのです。

 

 

これは何をしているのでしょう。
ゲームじゃないですよ。100インチの大きなスクリーンでドローン体験をシュミレーションで練習できるソフトを操作しています。

 

 

 

夏休み子ども火山スクールでは当日こうして滝の駅せきのお側でも地元企業やお店の皆さんのご協力をいただくことになっています。

この日、練習した内容以外も木工教室、よろず市他物販、そして井村先生とガイドの『むかえびと』の皆さんによるお話しもあります。

内容は決まり次第続々公開しますのでお楽しみに(^^)/

 

そしてこのイベントをきっかけに『滝の駅せきのお』『関之尾緑の村』をもっと地元の皆様へ知って頂けると嬉しいなと思います。

ジオサイトとしてもツアーの通過地点としても意味を持つ『関之尾の滝』は実は火山がそばにあったからこそつくられた形をしている珍しい存在です。

新しい関之尾のへぇという一面を知るチャンスですよ~

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

宮崎県民ならと思いまして・・・滝の駅にて


見つけてしまいました!!!マキシマムのポップコーン(^^)
宮崎県民なら結構知っている方がいらっしゃるんじゃないかと思いまして。
三股町の中村精肉店発信のマキシマムがこんなことになっていました。やめられない味でしたよ~!!!

やめられないのはこの鶏皮も同じ。

台湾のお客さんがわさび味を買っていらっしゃいました。
「本物の鶏皮なのがいい!!」ということです。


滝の駅せきのおはこんな感じでお土産がたくさんあるところですが、地元でも普通にスーパーにはないものばかりです。
自宅用に買って帰ります。


都城島津自動販売機もありますからね!!!どこでもないですよ~

♪今日のジオブース~

夏は関之尾ですよ!!!

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

滝の駅せきのお様ジオブースの様子

滝の駅せきのおのブースは只今こんな感じ。

毎日のように台湾や中国からのお客様で賑わう場所なので、ここは日本なの?という感じに包まれています。

土日は日本人が多いのでいつもの関之尾ですけど。

今月からジオブースには車やバイクに貼っても大丈夫な塩ビ素材のジオ男ステッカーが仲間入りしました。

たくさんのお客様に愛される商品になりますように・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

霧島ジオパーク缶バッチ

img_0681
霧島ジオ缶グッズにはバッチが初代6パターン作られました。

 

 

その中でもガチャコンボの中にしかないメタル缶バッチは持っている人が珍しい。

普通にジオサイトなどで販売されることはないもので、イベント会場やぷりんと本舗のようにガチャコンボからしかゲットすることはできません。

 

霧島酒造秋まつりでも私が見ている間に子供さんがお一人ゲットされました。

私達もメタル缶バッチがでるところを見られるのはめったにないので思わず大声で「おめでとうございます!!!」と叫んでしまいます。

 

メタル缶バッチの大きさは28mmと小さいのですが、通常売られている6パターンは32mmになっています。

渋いタイプからかわいらしいものなどいろいろあって、発信場所のお客様の層で人気が変わっているようです。

 

今週はまた渋いタイプを中心に滝の駅関之尾様から販売されるものを準備しています。

普段、バッグや帽子につけても似合うようにデザイナーがいろんなシーンをイメージして作ったものです。

是非ゲットされてみてください。

 

定価税込み200円で、滝の駅関之尾、道の駅霧島、ぷりんと本舗ショップにて販売中です。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る