金山ツアーin横川 No3

こっそり撮った先生の後姿・・・

怒られるかなあ。

この街のガイドの宇都さんと鹿児島大学の井村先生がこの日の講師でした。

いよいよ突入!!!

ひんやりした森の中へ・・・

森の中にはたくさんの小さな穴があります。

これらは人がひとり入れる程度の大きさです。

結局大きな部屋にたどり着けるのかもしれませんが、この先がどうなっているのか見ることは出来ませんでした。

大きな石をとるために火を焚いて壊したりするなど、危ない思いをしながら作業は行われていたようです。

そのために亡くなる人もいて、祀られている場所もありました。

こういう石がゴロゴロしています。水晶の親戚のような感じがしますが結構もろくて、簡単に壊れそうな石でした。

普段見かけないタイプの石なので、軽く興奮します。

ここの穴は少し先まで見えました。

すごい気力ですね。機械を使わずに掘っていくのですからどれほど時間がかかったのでしょうね。

最後に砂金をとるための道具を見せてもらいました。

実際、この山の土を使って金を洗い出す作業を体験。

やり出すと止まらなくなる子ども達でした。

 

この町のことを伝いたい反面、これからも穏やかな空気であって欲しいと思う複雑な感覚になりました。

決して大型バスで乗り付けるようなところではありません。

でもこれからもずっと存在して欲しいと思う。そういうところでした。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA