金山ツアーin横川 No1

霧島ジオパーク友の会主催の金山ツアーに先月の20日、参加して来ました。

その日は朝からいい天気で、丁度いい気温。

横川という町で開催されました。

都城からは霧島神宮方面から行くと車で1時間半くらいですね。

横川には古い金山の跡があります。

当時たくさんの男性が金山で働き、平均寿命は40代という人生を送りこの街には20000人程の人口があったようです。

島津藩の財源となっていた金山はフランス人の技術者のおかげで金の精製効率を上げます。

そこには奉行所や牢屋も含めてあらゆるネットワークがありました。

今では70名ほどまで減少していますが、当時の形をそのまま残しています。

数分のレクチャーを受けた後、横川の町を散策しました。

そこは日本人のDNAに響くようななつかしい雰囲気の町で、違った興奮が始まるような場所。

迷路のような町にはたくさんの歴史が凝縮されて、よくこれまで残されていたと感動する程です。

小さな道には消防車が入れないのでしょうが、防火槽があちこちに存在していました。

スタートからいきなりテンションが上がる横川の町でした。

 

 

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA