日本ジオパーク再審査でした。

11月19日。日本ジオパークの再審査の日。

3日間ある中の真ん中です。

場所は霧の蔵ブルワリー内の吉助というところでした。

中に入るのは初めてです。

和風の作りで畳。

もしかして畳でプレゼンかなと思いきや普通に会議室がありました。

皆さん準備中。ばたばたです。結構押してます。

前日からメンバーの緊張した感じが伝わってきていました。

しかしやりきりました。

都城チームは強烈な団結力を持ってやりきりました!!!その場で高評価なコメントをもらう程嬉しい状態でした。

お昼ご飯がどんなに楽しみだったか。

このやり遂げた感じは本当にすばらしいもので、一緒にチームを組んだGIS南九州さんやみなさんすばらしいパフォーマンスでお互いに褒めあいながら過ごした一日でした。

本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

霧島ブルワリー秋まつり2018にて。

毎年開催される霧の蔵ブルワリー秋まつりの様子。

11月3日、4日に開催されました。

いい天気でビールが美味しそう!!

霧島ジオパークブースはこんな感じ。

今年は世界の噴石たち!!!!

なかなかマニアックです

一番大きいのですが軽い。。。

そしてこの石は3万年程前の噴石。

韓国の噴石。

黒曜石の打製石器。たぶんえびのの石じゃないかな。

お弁当のフタの等高線地図!!これはなんかクオリティが高いな。

ピーチマップです。今日もここはココアで噴火しまくります。

今回初参加の空タオル。4000メートルから撮影したオルソ画像で作りました。

今回は韓国、ハンタンガンジオパークからと、ジオ担当OBさんが応援に来られました。

結構賑わっていたのです。

みんな珍しくて触りまくり。大興奮の噴石。

霧の蔵ブルワリーにはこういうミュージアムがあります。

中では焼酎がどのように育まれていたのかと、ジオパークとの関わりが説明されているんです。

世界の料理も食べられるというこの日のイベント。

毎年春と、秋に開催されます。

お越しの際は是非ジオパークブースにもお立ち寄りください。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

ひなもりオートキャンプ場の今。

ひなもりオートキャンプ場の敷地内なのですが、なにか忘れている・・・

そう、事務所の写真を撮らなかった・・・

キャンプ場の敷地の案内だと思ってください(^^;)

ちょっと秋らしい気がしませんか???

まだあんまり思った程紅葉していませんが、一気に来ますからねえ。

この日はちょっと寒い。標高の高いひなもりはもっと寒い。

なんだか巨大などんぐり発見!!!

唯一撮影していた事務所の画像は棚だけ!!

ここに来れば手ぶらでもほぼ揃います。

やっと見つけた燃えるような紅葉!!

小さなもみじの木です。

必死に赤色の担当をこなしています。

もう今頃は一気に紅葉しているかもしれません。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

10月下旬から11月にかけてハンタンガンジオパーク

韓国、ハンタンガンジオパークの10月下旬の様子。

映画の撮影場所なのか!!!というような景色です。

これはハンタンガンジオパークのメンバーさんから送られて来た写真です。

紅葉もきれいです。ここと日本とは時差はありませんが、日本より1ヵ月早く季節が来るようですね。

こちらは場所が違いますが11月に入ってからの様子。

あふれるような色です。

是非ツアーで行って見たい!!!

ハンタンガンジオパークさんたちがセッティングしてくれたらいいなあ・・・

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

金山ツアーin横川 No3

こっそり撮った先生の後姿・・・

怒られるかなあ。

この街のガイドの宇都さんと鹿児島大学の井村先生がこの日の講師でした。

いよいよ突入!!!

ひんやりした森の中へ・・・

森の中にはたくさんの小さな穴があります。

これらは人がひとり入れる程度の大きさです。

結局大きな部屋にたどり着けるのかもしれませんが、この先がどうなっているのか見ることは出来ませんでした。

大きな石をとるために火を焚いて壊したりするなど、危ない思いをしながら作業は行われていたようです。

そのために亡くなる人もいて、祀られている場所もありました。

こういう石がゴロゴロしています。水晶の親戚のような感じがしますが結構もろくて、簡単に壊れそうな石でした。

普段見かけないタイプの石なので、軽く興奮します。

ここの穴は少し先まで見えました。

すごい気力ですね。機械を使わずに掘っていくのですからどれほど時間がかかったのでしょうね。

最後に砂金をとるための道具を見せてもらいました。

実際、この山の土を使って金を洗い出す作業を体験。

やり出すと止まらなくなる子ども達でした。

 

この町のことを伝いたい反面、これからも穏やかな空気であって欲しいと思う複雑な感覚になりました。

決して大型バスで乗り付けるようなところではありません。

でもこれからもずっと存在して欲しいと思う。そういうところでした。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

金山ツアーin横川 No2

この日初めて見る住民。なんでしょうね、このなつかしい平和な感じ。
嬉しくなって写真を撮ってしまいました。

こんな穏やかなところってそんなにあるんでしょうか?

時間の感覚がわからなくなるというか、現実がどこなのかわからない様な気分になります。

この街にはたくさんの石臼があります。

山を掘って、その石から金を取り出すために使っていたのでしょうね。

この塀も石臼を使って作られたもの。

ほんとにゴロゴロ転がっているのですよ。それが普通に庭先で使われているから面白い。

専門家が見ると歴史の資料ですが、この街の人にとっては便利な石なのですね。

奉行所跡です。

門だけしか残っていませんが、この場所を行き来したであろう昔の人の姿をイメージすることが出来ます。

どこを見ても、何かを思い出しそうで思い出さない。

そんなとても深い記憶が出てきそうなそんなところでした。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

金山ツアーin横川 No1

霧島ジオパーク友の会主催の金山ツアーに先月の20日、参加して来ました。

その日は朝からいい天気で、丁度いい気温。

横川という町で開催されました。

都城からは霧島神宮方面から行くと車で1時間半くらいですね。

横川には古い金山の跡があります。

当時たくさんの男性が金山で働き、平均寿命は40代という人生を送りこの街には20000人程の人口があったようです。

島津藩の財源となっていた金山はフランス人の技術者のおかげで金の精製効率を上げます。

そこには奉行所や牢屋も含めてあらゆるネットワークがありました。

今では70名ほどまで減少していますが、当時の形をそのまま残しています。

数分のレクチャーを受けた後、横川の町を散策しました。

そこは日本人のDNAに響くようななつかしい雰囲気の町で、違った興奮が始まるような場所。

迷路のような町にはたくさんの歴史が凝縮されて、よくこれまで残されていたと感動する程です。

小さな道には消防車が入れないのでしょうが、防火槽があちこちに存在していました。

スタートからいきなりテンションが上がる横川の町でした。

 

 

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る