情報共有シンポジウムにて。

3月25日

霧島市商工会議所にて日本ジオパーク事務局長の齋藤様と秋吉台ジオパーク事務局長末岡様、ユネスコから仙台様にお越しいただいて日本ジオパークの話し、そしてユネスコ世界ジオパークの話しについて聞くことが出来ました。

霧島ジオパークは始まって10年目に突入。

認定を受けて7年、今年で8年目に突入いたします。

たくさんの方々と知り合い、これまで協力して進めてまいりました。

当時小学生だった子どもは高校生になる。そんな月日が流れました。

今回、グループディスカッションがあり、日本ジオパーク事務局長の齋藤様とお話しすることが出来ました。

これまで霧島ジオを通して出会うはずのない出会いとものの考え方を学び、それがどんなに肥やしとなったのかをお伝えすることが出来ました。

今後霧島ジオはゆっくり歩いたり駆け足をしたり、ときには立ち止まって振り返ることもあるかもしれません。どの瞬間もとても大事な勉強時間なんだろうと思いますがそのような考えもジオの皆さんから教えて頂いたことです。

生活スタイルというか人生観というか核に影響を及ぼす概念であることはこの関係者全員が感じているのではないでしょうか。

日本ジオパーク事務局長と話す中でその部分をきちんとお伝えできました。後半はメンバーが入れ替わり同じ地元のメンバーとのディスカッション。

そこで大事な「なぜあえてジオなのか」ということについてお話しさせて頂きました。

霧島ジオパークだからいえる他のジオとは違う「あえてジオ」の部分があります。

そのことについて同じ地元の皆さんへ再発信することが出来ました。

火山と暮らしているからこそ出来ること。火山だったからよかったこと。

腹の据わったところを見せることで、減災につながる住民の気合いを見せられるように。そんなことを霧島ジオパークから思うようになりました。

これからもよろしく霧島。よろしく桜島。そんな感じでこれからも山と生きてることをラッキーなことに出来るようなそんなジオの人になれるように。

 

このシンポジウムでさらにその気持ちを強く持ちました。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

ハンタンガンジオパークさんと

2月20日。
韓国のジオメンバーが霧島へやって来ました。

今回は6名。

ホントに気さくで仲の良い陽気な人達でした。


韓国では国家プロジェクトのジオパークはホントにうらやましくなる程の力業の連続。
税金の使い道という意味では本当に考えさせられました。

通訳は鹿児島県出身の今別府さん。

韓国語と日本語の区別がつかなくなるほどのしみこんだ方です。
明るくていいお姉さん的な人ができました。

韓国では国家プロジェクトということもあって、グッズづくりは指導が入るようです。
民間が独自で作ることはないそうです。
予算的な心配はいりませんが、デザイン性は・・・と思ってもそこは心配いりません。

普通以上に斬新な、公務員が作ったとは思えない遊び心満載なものばかりです。

今回橋渡しをしてくださったジオ推進課の皆様には大変感謝しました。
この後も皆さんとは連絡を取り合っています。

時差もなく、日本を懐かしんでもらおうと今別府さんには日本の他愛のない画像を送ったり、ジオの話しをしたりとお互いに親睦を深めています。

韓国語で唯一読める文字。海苔。

まだあけていません。大事に持ってます。


すごい高そうな箱。
これは高麗人参の石鹸。

韓国の皆さんからのお土産です。

ジオのみんなと韓国へ行こうという話しになって盛り上がり中です。日本から、どんなお土産をもっていこうかなあ。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

漢灘江ジオパーク

昨日、漢灘江ジオパーク交流協力員の方とジオパークの取り組みについてなどお話しをしました。

漢灘江ジオパークがどこに位置しているか。


出典:http://www.koreageoparks.kr/main.do

北朝鮮との軍事境界線に面している北のジオパーク(ハンタンガン)です。

漢灘江ジオパークにはアートバレーやハーブの森、柱状節理の立派な地形が点在しており美しい景観を保っています。

その形成は北朝鮮側にある自然も大きく関係しており両国がジオの目線で見ると同じ時間を共有している大きな存在同士であることが伺えます。

38度線を堺に切れてしまっているような形の漢灘江ジオパークですが、実は北朝鮮側にある白頭山の噴火など強い関係があるのだそうです。

ジオパークの歴史で言うと、38度線の時間は微々たるものです。人が作った線はこの土地には些細な線。
その線を挟んで2キロ圏内に地雷を仕込み、誰もが簡単に近づけないようにしてしまった。

でも展望台から覗いた先にいる向こうにいる人々は手を振ってくれるのだそうです。

武器には武器ではなく、愛情で立ち向かおうとする漢灘江ジオパークのみなさん。そのメンバーには日本人がいて、異国の地で人との堺は人がつくりだしたもの。だったら人が変えればいいじゃないかと訴えているのです。

脱北してくる人の辛さはよその土地からやって来たもの同士としてわかるそうです。
それでも彼女は今の自分の土地をほこりに思いたい。子ども達にそう思って欲しい。
そして38度線の向こうにいる人達にみんな同じ人間ではないかと届けたい。

その手段にジオパークが使われようとしている。

漢灘江ジオパークの大地は子ども達の将来のため、生きている人達のため、みんなが仲良く生活できるために一肌脱いでくれることになるのです。
ジオパークがこんな風に活躍することがあるのだと思うと驚きます。

人が作った問題ですが、この根深さをジオが仲裁しようとしてくれています。
ジオパークの活動は大地と人が手を組んで共に生きていることを力にするものです。
日本人の彼女はこのジオパーク活動の時間は短いそうですが、まるで土地の神様が選んで手をさしのべているような感じ。
そんな風に思いました。


漢灘江ジオパークのキャラクターです。


柱状節理をデザインしたバッグ
漢灘江ジオパークHP

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

霧島温泉市場にて。

霧島温泉市場


霧島にある温泉市場です。
近くに住んでいてもいったことのない方は是非一度^^

なんだか特に小学生くらいからしたの小さなお子さんはあの独特の匂いと上がる湯煙に興奮するのをよく見ます。

源泉


温泉街らしい空間です。

足湯もあります。
タオルがなくても1枚50円で売ってくれますから手ぶらできても大丈夫^^


そしてやっぱり温泉の蒸気で蒸した食べ物ですよね!!!

トウモロコシや温泉卵、温泉饅頭やお芋もありますが特にオススメは黒豚ウインナー!!!!
どのメニューもなぜかやさしいダシのようなコクが出ているんです。これが温泉の力なのでしょうか。


温泉市場にはジオベンダーマシンの1号機があります。

温かいお飲み物とご一緒に温かい蒸しおやつ、温かい足湯で寒い季節を楽しんでみられませんか(^^)/

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

えびの高原屋外アイススケート場

新燃の噴火があったときには正直ビクビクしてましたが、今年も無事にスケート場は開催できましたねえ。

お正月の混雑前に行きたいですね。

冬の天然アクティビティー!!!こんな恵まれたところないですよ^^

是非遊びに行ってください(^^)

えびの高原屋外アイススケート場HP

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

紅葉が見頃です。


霧島神宮前の道です。

圧巻の赤です。

行き交う車も止まって写真を撮っている方がたくさんいらっしゃいました。

何にも考えずに仕事で通っていただけだったのですが止まらない訳にはいかない景色です。

霧島神宮前の通りに行かれる際には是非カメラの用意を!!!

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

下界とは大分違う。


8月12日。
空も山もピカピカな日にえびの高原へ。

お客さんもいつもより多くて、それを知っているのか鹿たちもいつもよりウロウロしてました。

ここは下の世界より5度程低いのでホントにすごしやすいですが、雲の上のような場所なのですぐに天候が変わり始めます。

硫黄山のゴォォっという音もします。

たまには匂いもします。

山は生き物。でも鹿達はのんびり草を食べています。

そういう事なんでしょうね・・・

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

何度も見てもいい!!

霧島温泉のPR動画を教えていただいたのですがこれが面白い!!!
子どもから大人まで(特に小学生ならストライク!)誰でも楽しくなりそうなそんなPVです。

高得点を出す練習。自宅でやる子供さんがいるかもしれません・・・

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

母智丘の桜満開

今日は春の嵐、台風並みの強風で

桜の花びらが勿体ないくらい散ってました

写真は4/10(月)撮影

母智丘公園近くにあるくまそ広場から

天気の良い日は関之尾滝、霧島山が望めるのですが

今の季節、雨や霞がかかったりで

なかなか見ることが出来ません

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

「防災・減災」シンポジウム・パネル展

【大規模災害への備えと地域の連携について考えるin宮崎】

霧島連山や桜島との生活はもちろん熊本地震、これから予想される南海トラフといった待ち受ける未来のこととして家族や生活を守るためにも決して他人事ではないお話しです。

■開催日時:平成29年1月25日(水)
■開催場所:宮日会館11F 宮日ホール(宮崎市高千穂通1-1-33)
13:00~17:00(受付 12:00~)
パネルディスカッション
参加無料

 

●第一部:13:10~14:05 「学校教育から新しい防災を考える」
危機管理教育研究所代表 国崎 信江 氏
横浜市生まれ。危機管理アドバイザー。危機管理教育研究所代表。
女性として、生活者の視点で防災・防犯・事故防止対策を提唱している。地震調査研究推進本部政策委員
会、防災科学技術委員会などの国や自治体の防災関連の委員を務める。
●九州防災連絡会メンバーによる
活動事例発表

14:05~14:25 ◎平成28年熊本地震における災害派遣活動
西部方面総監部情報部資料課収集班長 3等陸佐 黒山 幸一 氏

14:25~14:45 ◎熊本地震におけるDMAT事務局の対応
厚生労働省DMAT事務局 医師 近藤 祐史 氏

●第二部:14:55~16:55「南海トラフ巨大地震と大津波などの大規模災害にどう備えるべきか?」
コーディネーター 宮崎大学名誉教授 杉尾 哲 氏
宮崎県出身。治水・利水と環境保全が調和する川づくりを研究。平成17年に宮崎県全域を襲った台風14号
の大規模降雨災害では「水害に強い地域づくり」をまとめて減災施策を国土交通省と宮崎県に提言。現在、
九州各地の川づくりの委員として貢献。

『パネラー』

宮崎大学工学部教授 村上 啓介 氏

危機管理教育研究所代表 国崎 信江 氏

宮崎日日新聞社報道部次長 大山 俊郎 氏

NPO法人みんなのくらしターミナル代表理事 初鹿野 聡 氏

宮崎県危機管理統括監 畑山 栄介 氏

国土交通省九州地方整備局企画部長 小平 卓
参加ご希望の方は、WEBまたはメールにてお申込みください。

◎受付締め切り 平成29年1月17日(火)
WEBよりお申込みの場合 URL:www.bousai-miyazaki.jp

メールでお申込みの場合 送信先e-mail アドレス sanka@bousai-miyazaki.jp
◎団体名または氏名 ◎合計人数 ◎ご連絡先電話番号
◎e-mailアドレスをご記入ください。

※ご提供頂いた個人情報は、本シンポジウムの運営以外には使用しません。
■お問い合わせ
【「防災・減災」シンポジウム大規模災害への備えと地域の連携について考える in 宮崎】開催事務局
国土交通省 九州地方整備局 企画部 防災課 担当:佐藤、長坂 TEL:092-476-3544

HPはこちら

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る