何度も見てもいい!!

霧島温泉のPR動画を教えていただいたのですがこれが面白い!!!
子どもから大人まで(特に小学生ならストライク!)誰でも楽しくなりそうなそんなPVです。

高得点を出す練習。自宅でやる子供さんがいるかもしれません・・・

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

母智丘の桜満開

今日は春の嵐、台風並みの強風で

桜の花びらが勿体ないくらい散ってました

写真は4/10(月)撮影

母智丘公園近くにあるくまそ広場から

天気の良い日は関之尾滝、霧島山が望めるのですが

今の季節、雨や霞がかかったりで

なかなか見ることが出来ません

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

「防災・減災」シンポジウム・パネル展

【大規模災害への備えと地域の連携について考えるin宮崎】

霧島連山や桜島との生活はもちろん熊本地震、これから予想される南海トラフといった待ち受ける未来のこととして家族や生活を守るためにも決して他人事ではないお話しです。

■開催日時:平成29年1月25日(水)
■開催場所:宮日会館11F 宮日ホール(宮崎市高千穂通1-1-33)
13:00~17:00(受付 12:00~)
パネルディスカッション
参加無料

 

●第一部:13:10~14:05 「学校教育から新しい防災を考える」
危機管理教育研究所代表 国崎 信江 氏
横浜市生まれ。危機管理アドバイザー。危機管理教育研究所代表。
女性として、生活者の視点で防災・防犯・事故防止対策を提唱している。地震調査研究推進本部政策委員
会、防災科学技術委員会などの国や自治体の防災関連の委員を務める。
●九州防災連絡会メンバーによる
活動事例発表

14:05~14:25 ◎平成28年熊本地震における災害派遣活動
西部方面総監部情報部資料課収集班長 3等陸佐 黒山 幸一 氏

14:25~14:45 ◎熊本地震におけるDMAT事務局の対応
厚生労働省DMAT事務局 医師 近藤 祐史 氏

●第二部:14:55~16:55「南海トラフ巨大地震と大津波などの大規模災害にどう備えるべきか?」
コーディネーター 宮崎大学名誉教授 杉尾 哲 氏
宮崎県出身。治水・利水と環境保全が調和する川づくりを研究。平成17年に宮崎県全域を襲った台風14号
の大規模降雨災害では「水害に強い地域づくり」をまとめて減災施策を国土交通省と宮崎県に提言。現在、
九州各地の川づくりの委員として貢献。

『パネラー』

宮崎大学工学部教授 村上 啓介 氏

危機管理教育研究所代表 国崎 信江 氏

宮崎日日新聞社報道部次長 大山 俊郎 氏

NPO法人みんなのくらしターミナル代表理事 初鹿野 聡 氏

宮崎県危機管理統括監 畑山 栄介 氏

国土交通省九州地方整備局企画部長 小平 卓
参加ご希望の方は、WEBまたはメールにてお申込みください。

◎受付締め切り 平成29年1月17日(火)
WEBよりお申込みの場合 URL:www.bousai-miyazaki.jp

メールでお申込みの場合 送信先e-mail アドレス sanka@bousai-miyazaki.jp
◎団体名または氏名 ◎合計人数 ◎ご連絡先電話番号
◎e-mailアドレスをご記入ください。

※ご提供頂いた個人情報は、本シンポジウムの運営以外には使用しません。
■お問い合わせ
【「防災・減災」シンポジウム大規模災害への備えと地域の連携について考える in 宮崎】開催事務局
国土交通省 九州地方整備局 企画部 防災課 担当:佐藤、長坂 TEL:092-476-3544

HPはこちら

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

小林市の市民ジオ講座

小林市で開催されました市民ジオ講座で鳥取環境大学准教授 新名阿津子先生のお話しを聞くことができました。

 

市民の皆様のジオパークへの認識がどのようにあるのかともっと理解を深めていただくといった主旨のもとに、これまでガイドをされている方や私達のようにある意味ジオパーク運動的な活動をし続けている立場の人達にしてみれば、それは改めておさらいをさせてもらっているようで、改めて自分たちがさせていただいていることが何を相手にしているのかと考える良い機会でもありました。

新名先生は低音で、何かを思い出しながら一生懸命話そうとするとき目を閉じてオーケストラの指揮者のように少しだけ微笑みながら手振りを加えて話す方です。

世界ジオパークの審査員もされていらっしゃると言うことで、海外のジオパークがどのように活動しているのかということを実際ご自分で撮影された写真も交えてお話しされました。

 

その先生のお話の中でも特に印象が残ったのは『地球の記憶』というお話し。

地球にはその内部と表面にこれまでの記憶が残されていて、それをなにかの理由で開発してしまうともう元には戻せないこと。
地球にある記憶達にとって人間は所有者ではなく管理者であること。

その「管理者」ということに今現在の責任の所在という気持ちになっていました。

 

世界ジオパークは今、日本では8箇所。日本ジオパークは43箇所になったそうですが、認定を受けるためにはいろいろな条件のクリアがありその中に「任意のテリトリー」というジオパークのエリアですよとわかるようになっていなければなりませんが、都城もジオのエリアに属しています。

でもそれすらまだ浸透していなくて、最近市内で「ボク、この間ジオパークへ行って来ましたよ」と言われたことがあるのですが、ちょっと戸惑いながらも「韓国岳ってことですか?」とお尋ねすると「はい。そうです」とおっしゃるのです。

霧島ジオの恵みとは何ですか?と聞かれると一瞬考えてしまいますが、霧島山の恵みって何ですか?と聞かれると、シラス台地で育った作物や水、畜産などすらすらと出てきますよね。カテゴリを変えて観光は?と聞かれても神社や関之尾などが出てきます。

霧島山の恵みの中で育ったことを自然と知っているからですね。

霧島ジオパークはそんな山々と地球の記憶を大事にしようよ、もう一度再確認しようよ、そこからいっしょに生きてきた人間の記憶(宗教や建築物、郷土料理や文化芸能)もつながっているよ。というような活動のように私達は考えています。

ということで猫も犬も人間も鳥も牛も豚も霧島山の恵みで成り立っている土地、霧島ジオパークエリアに住んでいる以上はジオの中にいるのです。

ジオパークにすんでる人。響きがカッコイイですねえ。

新名先生が言われていました。「地元のものをどう見せるかのきっかけ」

噴火だってきっかけです^^

硫黄山が気になって今年の元旦登山どうしよう・・・なんて考えたりしてしまう方。

こんなときこそガイドさんです。

ということでガイドさん。こんなときこそ自分たちの出番。

トン!と硫黄山が噴火したらまた川湯ができるかなあ。

生き物の上で生活しているといろんなことがあります。

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

最南端のアイススケート場オープンします!!!

15037311_864227153713576_8267983475349535289_n

日時:平成28年11月26日(土)~平成29年3月5日(日)まで

大人1020円

中高生820円

小学生610円

(見学者:大人510円 中高生410円 小学生300円 未就学児は入場無料)

貸し靴630円

貸しソリ30分520円

スケート教室も開催されます。

詳しくはえびの高原荘HP

帰りに温泉へ入るのも良いですね♪

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

ジオサイト候補でしょうか。

image

image
先日、新聞で紹介されていた曽於市の天然アーチです。
大昔は水が上の方まであったんでしょうね(^-^)/

It is suitable place as the site of Kirishima Geopark.

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

下界とは太陽が違います。

IMG_4448

痛いような暑さが続きますが、えびの高原では風が違う。

そばに近づくにつれて、車の窓から少し手を出すと冷風扇の前に立っているような冷たい風に驚きます。

いつも少し早く季節が来るようなそんな場所です。

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

旧ブログから引っ越ししました。

IMG_4350

I photographed in the middle of the pond tour course.
Here is full of affection from the trees.

ようやく形になり始めた都城印刷のジオパークブログ・・・

旧ブログをご覧頂いていた皆様にはご迷惑をおかけ致しました。

これからもよろしくお願いいたします。

旧ブログはこちら

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

時期がもう終わっていますがノカイドウ

20120417-IMG_5339

もう少し露出をあげればよかった・・・
Nokaidou is only bloom endemic species to Kirishima in the world.


これからも霧島の魅力をいろいろと探してはご紹介します。

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る