新燃が噴火したとき

ジオ仲間の皆さんと都城高専でいろんな話しに花を咲かせていたとき。

「あれ?今、噴火してる???」

 

と、窓の外を見ると青い空に真っ黒な雲が押し寄せてくるのが見えていました。

 

まともに来ます。

 

まるで高専にめがけてくるかのようでした。

先生はすぐ、山の近くにいる親戚へ連絡していました。
私は息子の学校の先生へ噴火していることを写真で送って、テストで早帰りだから西岳方面は今は辛いことを伝え生徒達へマスクをとお願いしました。

遠くで「窓を閉めなさい!」という声が聞こえます。
 

外に一歩出るとまだ夕方のように暗くなって、口の中も頭も服もカバンも灰だらけになります。

 

バラバラと音がするほど灰が降る中を、うつむき、呼吸も細めに眼も細めながら走って校舎の中を駐車場まで。

 

他の生徒たちが呆然と立ち尽くしています。

「頭、タオルとかなにかないの?マスクとかもらえないの?」と聞くと

「バイクだからこのまま走って行きます。フルフェイスだから」

 

みるみる火山灰の雲の真下になってとうとう霧島山は霞みすぎて全く見えなくなりました。

すぐ近くの道も見えない。

車はライトをつけ始めました。

やっと車のそばまで来ると駐車場の車はどの色も同じ色。

小さな場所まで灰が降り積もっていました。

ドアノブにまで・・・

真っ暗になった霧島を見て、「高千穂を登っている人が今、もしいたなら怖かっただろうね。かわいそうに。ちゃんと降りられただろうか・・・」みんなはそういってただじっと見ているだけしかできません。

噴石があたらなければ被害がないわけじゃない。慌てて降りて滑って転んだり、変なルートを通ってかえりつけないとか、そういう意味でケガにつながる人がいるかもしれない。

こうして、噴火する山のすぐそばを登れるようにしたからには、どのようなコースでどうやって降りてきたのか後のためにも確認してくれたのかなと考えましたね。

まるで高専はロックオンされたように灰の雲が被さって、その中を諦めた生徒達は自転車で帰っていきました。

そのあと灰たちは三股を飲み込んで、そのまま山を越えて日南に現れただろうな。

 

山でけが人が出ていなかったらいいけど。

みんな、ぞんざいに扱ってるつもりはないでしょうが、相手は霊峰霧島です。神様が宿った山です。

そんなことを大事にしてきた地元の人らしくありたい。

お試しのない自然がいざとなったとき人はどうあるべきですか?といってるようだと帰り道、フルフェイスではないヘルメットで配達をしている辛そうな顔の郵便局のバイクの人を見て思いました。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

九州で2番目に人気がある道の駅

連休前、仕事で道の駅えびのさんへ。

ここにはジオステッカーがあるのです。ツーリングの方などゲットして頂けています。

久しぶりに来ました。

気になっていたものを早速探す・・・・

アウトドアステーションえびの!(*^_^*)

ドキドキ・・・・3月にオープンしたばかりです。

仕事でなければゆっくり見たのに・・・・

カフェとかあるみたい♪

今度うちの△部と来よう~

相変わらず元気そうなジオベンダー2号機。

温泉市場のジオベンダー初号機、ここの2号機、国分電気にある3号機、霧島観光案内所の4号機、曽於市きらら館の5号機の5つ子な感じでみんな頑張ってます。

2号機は新商品も入って他のみんなと並んでました。

 

ここからは硫黄山の噴気が見えるんですね。都城からはほとんど見えませんが。

道の駅えびのでは野菜がすばらしい(特に珍しいものが多いのです)

今回それだけじゃなく苗の販売がもうそりゃ~ストライク!!!

パクチーの苗50円ですよ!!!

うおおおおおお!!!!近所なら毎日行くのにぃぃぃぃぃぃぃ~

 

次に行くときはもう少し財布などなど気合い入れて行ってきます!!!

 

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

連休前の御池より

連休前。御池を道路側から見た景色です。

御池にはたくさんの野鳥が来ます。

以前、環境省の保護官や地元のガイドの皆さんとクリーン作戦でお掃除をしたときはたぶん今頃だったと思うのですが、キツツキが木に穴を開ける音が聞こえていました。

もうその音があれはまるで・・・・「インパクトドリル」

電動のドリルのような音ですね。生き物の動きとは思えない!!!

野鳥の森の小屋にはたくさんのバードウォッチングの方がカメラを構えていました。

 

ここには夏、昔ながらのふわふわのかき氷を作ってくれるお店があるんです。

今年もオープンするのかなあ。そしてその店が出してくれる流しそうめん。

これまた鰹だしの良い匂いがする麺つゆを作ってくれてるんです。

匂っただけでわかりますよ。「これは絶対おいしいやつ!」って。

 

噴火するなら風向き考えてよねえ~新燃岳♪

 

ここは昔、池に軍隊が武器を捨てたと言われるところで、たまに昔の手榴弾が見つかることがありました。

私も何度か入っていた残骸の木箱が揖保乃糸の箱のように転がっていたのを見たことがあります。

そういう見つかったときはもちろん入れないですけどね。

 

あんまり心配していない皆さんはピンクの足こぎボートに乗ったり、渡り鳥と遊んでいたり(警戒しない子たちばかりで)

御池は昔から夜になるとおばけが出るだとか怖い話しもある割には根強いファンがいるところ。

私のように。

あのかき氷は衝撃!

そしてあの人なつっこい鳥たち!!

 

山チームがやらかしていないときに是非どうぞ^^

あ、あと血液型O型の方は足下に気をつけて・・・

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

3月の光景ですが。(新燃編)

ここ最近の霧島は交替で噴火したり地震を起こしたりと落ち着かない様子です。

海外ではハワイのキラウエアが噴火しておりますがやっぱり生き物だとしみじみと感じます。

こうして地面のしたでうごめいている地球の血流のようなマグマをたまに目撃すると、リスクマネジメントの観点では事故などという概念はないと思っていた方がいいのだろうという気持ちになってきます。

人はあわよくば噴火せず、あわよくば地震にもならず、こういう災害に出くわす地域のことをタイミング悪く遭遇するところのように見えるのかもしれません。

地震と違って噴火は『危ない』と見てわかるものです。霧島のように活発かどうかわかるところもあります。

活発な時期に入った火山に対して、無理して観光重視の考えを貫くのが個人的にはいいと思いませんが、何が過剰で何が無神経なのかは誰にも断言できないのかもしれない。

個人的。そういう意味では今は今の霧島の姿であって、無神経に近づいて「ほら見なさい」となった時、誰が困るのかと思うとここに住む全員です。

その辛さは何年も何年も続くのです。だから会ったこともない観光客のことも自分の家族のように心配するのです。

火山は普段ちゃんと恵みをくれています。

噴火していてもその恵みを取り上げたりはしません。

ある意味、まともに打撃を受ける部分はありますが離れたところは相変わらず温泉がでて、おいしい蒸し料理が作れて、温かな地面で植物を育ててくれたりする部分を持っていて「あれ?あんな噴火を起こしているけどなにも生活は変わっていませんよ」というところだってあるのです。

噴火していて生活をおかしくさせるのは人の心です。

火山が活発であるならその時期の火山との向き合い方があって、その時しかない姿を人間らしくなにかの展開へ結びつけることもできるかもしれない。

それが地球で一番知的な生き物だからできること。そう思います。

潤い、知識量、資料、分析・・・ここぞとばかりにできること。

 

そんなことを考えてみる。それはこれから自然の驚異に出くわすどこかの町のどこかの人達にはありがたい参考書になるのかもしれません。

私達が今、どこかの実績を探すように誰かが探す実績となる質の良い参考書となるそんな考え方をしたい。

霧島ジオパークであることは全ての面で潤えば良いという結果が欲しいのではなく「成長している」その過程が目的です。

後先を考えて、賢く、世界中の人が見られるこの時代。山を丁寧に考えていきたいなと思います。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

霧島酒造春まつり会場にて。

4月14・15日は霧島酒造春まつりでした。

14日は冗談のような土砂降りで、それにもかかわらずえびのや小林からお客様がブースへ来てくださいました。

私達はいつものジオグッズ。それでも今年はいつもと違う。

霧島が噴火していたからです。

新燃岳がまた噴火したことで新燃PRをしようというお客様が缶バッチを購入してくださいました。

しかもいつもないものが・・・・

鹿児島大学の生徒さんによる灰のこと知るブース!!!!

これが大人気♪

子どもや大人がひっきりなしに来るんです。

そして噴火したらどこへ溶岩が流れるかも実験してみる・・・

順番待ちでのぞき込む程でした。

今回も温泉珈琲販売はありました。

今年の新しいバリスタ霧島市役所金丸さんです。

15日は前日が嘘のように暑い、そして晴れた日でした。

朝からビール片手にお客さん達は上機嫌!!!

前日の賑わいを取り戻すようにしてすごい人だかりでした。

ストーンペーパーなどは完売してしまいました。

相変わらず人気のガチャコンボ(^o^)

子供さんたちに囲まれていました。

そしていつもいっしょに参加してくださるバッチ工房Tさんからは面白グッズ登場!!!

火打ち石と方位磁石と笛がついてるパラコードブレスレットです。

火をつけたい・・・どこかでつけるちゃんすがないかな・・・・

こんな珍しいものもありました。

新燃岳の灰で作られたお皿です。

灰の部分が金色に発色するそうです。

三股町の紫麓窯さんの作品です(^^)/

ホントにいろいろなすごい職人がまだまだいそうですね~♪

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

情報共有シンポジウムにて。

3月25日

霧島市商工会議所にて日本ジオパーク事務局長の齋藤様と秋吉台ジオパーク事務局長末岡様、ユネスコから仙台様にお越しいただいて日本ジオパークの話し、そしてユネスコ世界ジオパークの話しについて聞くことが出来ました。

霧島ジオパークは始まって10年目に突入。

認定を受けて7年、今年で8年目に突入いたします。

たくさんの方々と知り合い、これまで協力して進めてまいりました。

当時小学生だった子どもは高校生になる。そんな月日が流れました。

今回、グループディスカッションがあり、日本ジオパーク事務局長の斎藤様とお話しすることが出来ました。

これまで霧島ジオを通して出会うはずのない出会いとものの考え方を学び、それがどんなに肥やしとなったのかをお伝えすることが出来ました。

今後霧島ジオはゆっくり歩いたり駆け足をしたり、ときには立ち止まって振り返ることもあるかもしれません。どの瞬間もとても大事な勉強時間なんだろうと思いますがそのような考えもジオの皆さんから教えて頂いたことです。

生活スタイルというか人生観というか核に影響を及ぼす概念であることはこの関係者全員が感じているのではないでしょうか。

日本ジオパーク事務局長と話す中でその部分をきちんとお伝えできました。後半はメンバーが入れ替わり同じ地元のメンバーとのディスカッション。

そこで大事な「なぜあえてジオなのか」ということについてお話しさせて頂きました。

霧島ジオパークだからいえる他のジオとは違う「あえてジオ」の部分があります。

そのことについて同じ地元の皆さんへ再発信することが出来ました。

火山と暮らしているからこそ出来ること。火山だったからよかったこと。

腹の据わったところを見せることで、減災につながる住民の気合いを見せられるように。そんなことを霧島ジオパークから思うようになりました。

これからもよろしく霧島。よろしく桜島。そんな感じでこれからも山と生きてることをラッキーなことに出来るようなそんなジオの人になれるように。

 

このシンポジウムでさらにその気持ちを強く持ちました。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

ひっとべ鹿児島2018へ参加して来ました。

都城もなかなか暖かくなってきましたが、鹿児島はもう本気の春ですね。

好天の上、桜島の灰の影響も受けずに最高の日和でした。

場所はかごしま県民交流センター(^^)

ステージイベントもクオリティの高い吹奏楽のメンバーばかり!!!さすがアーティストをたくさん輩出している鹿児島市ですよね。レベルが高い!!!

今回の販売は私達のジオグッズと温泉珈琲。でも暑いからコーヒーはそんなにでませんでした。

ただジオグッズは違いました。特に缶バッチ。

新燃岳の噴火はみんなが知っています。

「都城は大変なんでしょ」とどこへ行っても言われます。

実は中心部はそうでもありません。風が運んでこないから。

最初の噴火はこんな感じ・・・・

このアングルからするとこのときの灰は霧島市方面へ向かっていたと思います。

そういう事で灰はずっと都城の中心ではないところばかりに飛んでますね。

ただ飛んでくるところはすごいですよ。

灰と溶岩で打撃を受けているはずです。観光は特に。

私達はこの山達が産まれたずっと後にやって来てすんでいます。視界に入って当然の山々です。

火山であって、その恵みにもあやかっています。この山が火山だったから今があるのですよ。

この土地に住んでいるからにはこの自然さえ運命共同体でもあるんです。

噴火を打撃に変えるのも、チャンスに変えるのも人次第。そう思います。

鹿児島の西郷さんスイーツです。

これは大島紬の缶バッチ。

大島紬は車輪梅という植物と鉄の多い奄美大島の土地の泥で染められます。

どうして泥で染められるか。鉄分が多く含まれる土地にあって、どうしてそこには鉄が多く含まれているか。

2013年、皆既日食があった年にある調査が行われました。

奄美大島には星が降ってできた土地「星窪」と呼ばれるクレーターがあります。星が降ったという伝説は本当なのかという調査が行われ、結果どうやら隕石がぶつかったのかもしれないとわかったのだそうです。勝手に作られることは考えにくい鉄の地層があったのだと聞きました。

私はその時、鉄分の多い土地はきっと大昔、星が降って化学反応かなにかで鉄ができたのだろうと思ったのでした。

だから大島紬は星と奄美大島の土地と車輪梅と人の共同制作なんだなと思ったんです。

どれがかけてもできなかった。そういう事が毎日起こっているんですね。霧島にも・・・♪

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

防災フェスタin御池

下記、開催予定の防災フェスタin御池は、新燃岳噴火により中止が決定致しましたのでご報告致します。
ご理解の程、よろしくお願いいたします。


日時:2018年3月11日(日)
時間:10時~15時
場所:御池青少年自然の家

またまた今年もやります防災フェスタ!!!

大人が以外と喜ぶ楽しいワークショップがいっぱいです(^^)/

霧島ジオパークも参加します。ぜんざいふるまいもあるので是非遊びに来てくださいね。

防災ヘリ「あおぞら」もやって来ます。
自分が遭難しかけた人になりきって「あおぞら」の登場をご覧ください。
泣きそうになりますよ(^^)

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

ハンタンガンジオパークさんと

2月20日。
韓国のジオメンバーが霧島へやって来ました。

今回は6名。

ホントに気さくで仲の良い陽気な人達でした。


韓国では国家プロジェクトのジオパークはホントにうらやましくなる程の力業の連続。
税金の使い道という意味では本当に考えさせられました。

通訳は鹿児島県出身の今別府さん。

韓国語と日本語の区別がつかなくなるほどのしみこんだ方です。
明るくていいお姉さん的な人ができました。

韓国では国家プロジェクトということもあって、グッズづくりは指導が入るようです。
民間が独自で作ることはないそうです。
予算的な心配はいりませんが、デザイン性は・・・と思ってもそこは心配いりません。

普通以上に斬新な、公務員が作ったとは思えない遊び心満載なものばかりです。

今回橋渡しをしてくださったジオ推進課の皆様には大変感謝しました。
この後も皆さんとは連絡を取り合っています。

時差もなく、日本を懐かしんでもらおうと今別府さんには日本の他愛のない画像を送ったり、ジオの話しをしたりとお互いに親睦を深めています。

韓国語で唯一読める文字。海苔。

まだあけていません。大事に持ってます。


すごい高そうな箱。
これは高麗人参の石鹸。

韓国の皆さんからのお土産です。

ジオのみんなと韓国へ行こうという話しになって盛り上がり中です。日本から、どんなお土産をもっていこうかなあ。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

漢灘江ジオパーク

昨日、漢灘江ジオパーク交流協力員の方とジオパークの取り組みについてなどお話しをしました。

漢灘江ジオパークがどこに位置しているか。


出典:http://www.koreageoparks.kr/main.do

北朝鮮との軍事境界線に面している北のジオパーク(ハンタンガン)です。

漢灘江ジオパークにはアートバレーやハーブの森、柱状節理の立派な地形が点在しており美しい景観を保っています。

その形成は北朝鮮側にある自然も大きく関係しており両国がジオの目線で見ると同じ時間を共有している大きな存在同士であることが伺えます。

38度線を堺に切れてしまっているような形の漢灘江ジオパークですが、実は北朝鮮側にある白頭山の噴火など強い関係があるのだそうです。

ジオパークの歴史で言うと、38度線の時間は微々たるものです。人が作った線はこの土地には些細な線。
その線を挟んで2キロ圏内に地雷を仕込み、誰もが簡単に近づけないようにしてしまった。

でも展望台から覗いた先にいる向こうにいる人々は手を振ってくれるのだそうです。

武器には武器ではなく、愛情で立ち向かおうとする漢灘江ジオパークのみなさん。そのメンバーには日本人がいて、異国の地で人との堺は人がつくりだしたもの。だったら人が変えればいいじゃないかと訴えているのです。

脱北してくる人の辛さはよその土地からやって来たもの同士としてわかるそうです。
それでも彼女は今の自分の土地をほこりに思いたい。子ども達にそう思って欲しい。
そして38度線の向こうにいる人達にみんな同じ人間ではないかと届けたい。

その手段にジオパークが使われようとしている。

漢灘江ジオパークの大地は子ども達の将来のため、生きている人達のため、みんなが仲良く生活できるために一肌脱いでくれることになるのです。
ジオパークがこんな風に活躍することがあるのだと思うと驚きます。

人が作った問題ですが、この根深さをジオが仲裁しようとしてくれています。
ジオパークの活動は大地と人が手を組んで共に生きていることを力にするものです。
日本人の彼女はこのジオパーク活動の時間は短いそうですが、まるで土地の神様が選んで手をさしのべているような感じ。
そんな風に思いました。


漢灘江ジオパークのキャラクターです。


柱状節理をデザインしたバッグ
漢灘江ジオパークHP

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る